自身の状態を確認

2014年6月に改正労働安全衛生法が成立され、従業員50名以上のすべての事業所にストレスチェックの実施が義務付けられました。この考案はメンタルヘルス対策の充実、強化を目的に労働者の心理的な負担の程度を把握するために実施されます。ストレスチェック検査の結果によっては医師や保建師との面接指導を受けることができ、医師や保健師の意見によって配置転換、労働時間の短縮など事業者は労働者のために適切な措置をとることが義務付けられています。労働者はストレスチェックを受けることによって、事業者に対して心理的負担を軽減するための要望を行うことがしやすくなるわけです。職場における精神的ストレスを感じる人が増えていく中、この法改正によって労働者にとって働きやすい環境の職場作りが期待できるようになります。

ストレスチェック制度を実施することによって、労働者のメンタルヘルスの不調のリスクを低減させることが期待できます。また、ストレスチェックの結果を集計、分析することによって職場におけるストレス要因の評価ができ、職場環境の改善につなげていけることが期待できるようになります。ストレスチェック後に労働者が医師や保健師との面接を希望した場合、事業者はそれを拒否することや、労働者に不利益な取り扱いを行うことは法律で禁止されています。また面接指導の結果による解雇や作業配置転換、左遷などの労働者にとって不利益な取り扱いを行うこともできないとされるようになりますので、労働者のメンタルヘルス不調を防止できることが期待されます。