注意すること

手形割引は手形を裏書譲渡して支払期日未到来の手形を現金化する金融手法であって、古くから広く利用されてきました。裏書譲渡を受けた側は、手形を買い取った形になりますので、手形の振出人が決済不能になって不渡になってしまうと、割引を依頼した相手に買い戻しを請求することになります。 そのため、手形割引で重要なことは、振出人の信用度と割引依頼人の信用度の両方になります。決済不能になる懸念の少ない振出人の手形であれば手形割引をしても不安はありませんし、割引依頼人に資金力があれば買い戻しも容易になります。振出人の信用度にも割引依頼人の信用度にも問題のある手形割引は銀行では困難なので、高金利の金融業者で行われることが多いです。

金融業者の手形割引は金利が高い上に、他の担保を取って行われることが多いです。銀行で割引ができない零細企業にとっては資金繰りの円滑化において、重要な役割を果たしています。 法規制の強化によって違法な高金利を取る金融業者は駆逐されていますので、利用する零細企業も安心して利用できる時代になっています。金利が高くても他の担保が必要であっても、手形割引で資金繰りが維持できるのであれば助かります。 近年では、手形取引が減少する傾向にありますが、零細企業では支払期日までの期間が長い手形を受け取ることも少なくありません。可能な限り金利の低い銀行で割引をするのですが、銀行では割引できない場合には金融業者が頼りになります。